自動車保険

自動車保険は、自賠責保険の補償限度を超える分や、自賠責保険では対象とならない運転者やモノなどに対して補償してくれる保険です。

車の事故で相手にケガをさせてしまったり、モノを壊してしまった場合には、自賠責保険だけではカバーしきれない場合が数多くあります。

そのため、自動車保険に加入しておいて万が一のための備えをしておく必要があります。

自動車保険は、自賠責保険に上乗せされるもので、例えば、相手を死亡させてしまい、損害額が1億円となってしまった場合に、自賠責保険による補償の3000万円を超えた分の7000万円を自動車保険で補償してくれるということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です