自賠責保険

自賠責保険は、事故の被害者が最低限の補償を受けられるよう法律で加入が義務付けられている保険です。

車を運転していて他人にケガをさせたり死亡させたりした場合に被害者や遺族に対して保険金が支払われます。

自賠責保険による補償は、事故で被害に合った相手に対してのみ、傷害で最高120万円、死亡で最高 3,000万円、後遺障害で最高4,000万円まで補償してくれます。

補償される範囲は、相手に対してのみとなっているため、相手の車やそのほか壊してしまったモノ、運転者本人については自賠責保険では補償されません。

自賠責保険だけでは、補償をカバーできない場合が多く、補償額が足りないこともあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です